男性機能の回復でED改善

男性ホルモンとEDの関係

男性ホルモンとED

勃起の機能に大きく関係している男性ホルモン、一般的に男性ホルモンのことをテストステロンと呼んでいます。

 

テストステロンの働きには筋肉を増強する・やる気や闘争心など精神を活発にしてくれる・NO(一酸化窒素)を供給し血管の健康を保つ・酸化ストレスを抑えるなど心と体を男性らしくしてくれるホルモンです。

 

別名『モテホルモン』と呼ばれこのテストステロンが多ければ肉食系男子なのです。

 

しかし、テストステロンは年齢とともに減少していきます。またストレスによっても減少してしまいます。

 

テストステロンが減少してしまうと勃起をする際にNOの供給が大切ですがこのNOが供給されなくなりEDになりやすくなってしまいます。また、不安になったりイライラしたり不眠・集中力の低下・筋力低下・頻尿・疲労感など様々な症状に悩まされます。

 

テストステロンの多くは睾丸で作られています。テストステロンを増やしたいなら亜鉛などを多く含む食品を摂取し筋力トレーニングで筋肉を鍛え充実した睡眠をとることがテストステロンの増加に繋がります。