男性機能の回復でED改善

メタボとED 男性機能の回復を目指すED改善ガイド

メタボとED

今や多くの人がメタボリック、もしくはメタボリック症候群に属しているといわれています。

 

それほど人間は食べ物も豊かになり、移動するのに体を使わなくていいようになってきました。

 

その代償として人類にのしかかっているのがこのメタボリックという言葉なのではないでしょうか?

 

このメタボリックをEDは実は密接な関係にあることをご存知でしたか?

 

メタボリックとは内臓脂肪が増えてしまいその結果、高血圧や糖尿病などを引き超すことが多いです。
しかしこれらの人はさらにEDであるケースが多いのも事実です。

 

それはない脂肪が発生させる、活性酸素にあります。活性酸素は体内で分解可能なのですがそれが多すぎるとすべての活性酸素を分解できなくなり体内に蓄積されていきます。その状態を酸化ストレス状態と言います。

 

この酸化ストレス状態が直接ED勃起不全に結びつくここではないのですが、間接的にはその進行を早めることになます。

 

酸化ストレス状態になると、体内の血管や神経や細胞が損傷しやすい状態になります。血管に関していえば新品のホースを健康な欠陥だとしたら、古くなってゴムの部分が硬くなって、ひび割れが入り始めているホースを酸化ストレス状態の血管だといえます。

 

血管の損傷から生活習慣病になり、EDになる

 

内脂肪が活性酸素を生産する

抗酸化物質によって分解されない活性酸素が体内に蓄積されていく

活性酸素が神経や血管を損傷する

神経や血管内皮からの一酸化窒素の生産が減る

血管が拡張しなくなり十分な血流が得られなくなる

EDとなる

 

故にメタボリックの人はEDになりやすいということになります。