男性機能の回復でED改善

ストレスとEDの関連 男性機能の回復を目指すED改善ガイド

ストレスとEDの関連

EDの症状が現れる原因としては、血管内皮の一酸化窒素が少なくなることのほかに精神的な理由もあります。

 

仕事の悩みや心配事などのストレスによって勃起不全EDになるというのはよく聞くことです。

 

この場合はこのストレスを取り除くことによって、EDの症状が改善に向かうことはもちろんあります。

 

この場合はストレスがどこに影響を及ぼしているかがポイントとなります。

 

ストレスが心に及んでいた場合はストレスを取り除いても勃起不全が回復に向かうことが少ないのです。それほどストレスが根深いからです。

 

しかしストレスが体の機能に影響しているだけなら、この場合はストレスを取り除くことで勃起不全が回復に向かうことがあります。

 

交感神経とストレス

勃起にはリラックスが必要

勃起しにくくなる要因として交感神経というものがあります。

 

この交感神経は何かに夢中になっているとき、気になることがあるときなどに活発に活動します。

 

勃起するにはこの交感神経を鎮める必要があるのです。しかし仕事などのストレスなどで頭から仕事に関することを切り離せないような環境にいる場合にはこの交感神経が活発に活動している状態だといえます。

 

故に勃起しにくい環境、状態だということができます。

 

勃起にはリラックスが必要です。この交感神経をうまくコントロールすることで勃起しやすい体質になることができることもあります。

 

勃起することに必要な環境は興奮や緊張ではなくリラックスすることです。なので交感神経が休んでいればEDにはなりにくいといえます。

 

EDの原因の一つは交感神経が活発化しすぎていることです。これをおこすのがストレスです。